緑ピーマンと赤ピーマン、栄養価が高いのはどっち?

ピーマン

 

ピーマンの注目成分:カリウム、β-カロテン、ビタミンC、葉酸

 

私が子供の頃、ピーマンは青臭く、とても苦い嫌いな野菜の一つでしたが、近年

では臭いも少なく苦味も少ない品種改良されたピーマンが出回っていますが、

物足りなさを感じるのは私だけでしょうか?

 

大人になるにつれ、あの独特の青臭さや苦味が美味しいと思うようになり家庭菜園

を始めたのをきっかけにして栽培するようになりました。家庭菜園で作るピーマン

新鮮で、これぞピーマンという感じです。品種改良の影響か、ビタミン類などの

栄養価が昔のピーマンよりも劣るなんて調査結果もあるように、食べやすさを求め

あまり栄養価が少なくなるのはちょっと寂しい気もします。

スポンサーリンク

熱に強いビタミンCとは?

もともとピーマンはナス科トウガラシ属の野菜でとうがらしを品種改良して辛味をなくして大型に

したものです。ちょっと大きめのピーマンならレモン1個分と同等のビタミンC含まれますし、それ

はトマトに含まれているビタミンCの量の約4倍に相当します。

 

また、ピーマンには毛細血管を丈夫にする効果のあるヘスぺリジンを含んでいます。かんきつ類

などにも豊富に含まれているヘスぺリジンはビタミンCの吸収を助け、高血圧や脳出血などの

予防に効果があるといわれています。

 

このヘスぺリジンのおかげで、ピーマンのビタミンCは熱に強いのです。

食べるなら緑ピーマンか赤ピーマンのどちら?

赤ピーマンとはパプリカの事では無く、緑ピーマンが完熟して赤くなったものです。我が家の

家庭菜園でもピーマン栽培の終わり頃に赤く熟させて収穫していますが、ピーマンの株に

非常にストレスになるので、数はあまり作りません。完熟させているので日持ちもあまりしない

為、収穫後には直ぐに食べるのが理想です。

 

実はピーマンが赤く熟す過程でにおいて、甘味が増し青臭さが無くなっていきますが、それ

だけではなく、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの量も増えていきます。甘みだけで言えば、

赤ピーマンは緑ピーマンの2倍以上の甘味があります。

 

赤ピーマンの赤い色はカプサイシンで強い抗酸化作用を持ち体にはとてもいい野菜です。

 

緑ピーマンには赤ピーマンには無い成分が含まれています。ピラジンという成分はピーマン

独特の臭いの成分で血液をサラサラにするという実験結果もあり、血栓の予防や動脈硬化、

心筋梗塞の予防に有効とされています。

 

ビタミン類を多く摂取したい場合や美肌作りに有効なのは赤ピーマンで、血液の事が気になる

方には緑ピーマンが有効ですね。

 

どうしてもピーマンが苦手な場合には?

臭いや苦味が少なくなったとはいえ、それでもピーマンが苦手な方はピーマンを調理する時に

繊維にそって縦に包丁を入れ、逆に青臭さを楽しみたい方は横に包丁を入れるようにすると、

ピーマンの繊維が壊されて青臭さが立ちます。

ピーマンを食べる時には炒め料理などの油を使った料理で

ピーマンに含まれているβ-カロテンは油物と一緒に摂る事で効率よく吸収する事が出来ます。

β-カロテンは免疫力を高める働きがあるので、積極的に摂りたい成分です。

 

ピーマンとレバーで貧血予防

ピーマンに多く含まれている葉酸はビタミンB群の一つで、水溶性ビタミンです。貧血予防に

効果があり、ピーマンに多く含まれているビタミンCが鉄の吸収を助けるので、鉄分の多い

レバーと組み合わせる事により、貧血予防効果がさらに高まります。

 

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意