春菊はたんをきり咳をしずめる効果あり!

春菊

 

春菊の注目成分:β-カロテン、カルシウム、鉄、ビタミンC、ビタミンE

 

関東では「春菊」、関西では「菊菜」の愛称で親しまれている春菊ですが、地域に

よってもさまざまな種類の春菊があります。私も今年は生で食べれるサカタの

タネの春菊「きくまろ」を栽培しました。

 

→春菊「きくまろ」の栽培記録はこちらからどうぞ

 

この春菊は「生食サラダで食べて美味しい!」を差し上げた方からも好評でし

たし、自分で食べても美味しかったので、来年も栽培しようと思っています。

11月~3月が旬の時期で、今がまさに旬なので栄養価も高く美味しい季節で

す。春菊には風邪の予防になるビタミンがたくさん含まれています。

スポンサーリンク

β-カロテンは油と組み合わせて摂取する

体内で必要に応じてビタミンAに変化するβ-カロテンですが、脂溶性のビタミンなので水溶性

のビタミンの様に水に溶けだす事はありません。しかし、このままでは折角に栄養が吸収できない

ので、油と一緒に摂取するように心がけましょう。

 

例えば、すき焼きですが肉の脂が春菊のβ-カロテンの吸収を助けるので理想的ともいえます。

また春菊の胡麻和え、ベーコンと一緒に炒めてもおすすめです。

 

ビタミンA(β-カロテン)は目のビタミンと言われているように、目の機能の健康を保つためにも

必要なビタミンです。またβ-カロテンは、ほとんどの病気の元と言われている活性酸素を除去

する抗酸化作用があり、がんや生活習慣病の予防にも有効です。

春菊のカルシウムは牛乳より多い!

春菊に含まれるカルシウムは実は同じ量の牛乳より多いって知ってました?ただし、このカルシウム

を摂るにはコツがあります。野菜に含まれているカルシウムは一般的に吸収率があまり良くないので

、ビタミンDを含む食材と一緒に食べる事で効率的にカルシウムが摂れるようになります。

 

いわし、しらす干し、さけ、きくらげ(乾)などがビタミンDが多く一緒に食べるとおすすめです。

 

ポリフェノール???

春菊の濃い緑色はポリフェノールのクロロフィルで血中のコレステロールを下げる働きがあります。

また、春菊は風邪予防に最適な食材で絡んだたんを切り、咳をしずめる働きがある野菜として

有名ですが、その他にも食欲増進、胃もたれの解消などの働きもあります。

 

春菊にはビタミンCも含まれているので、ゆで時間は短くするのがコツです。サッと茹でて胡麻和え

かすき焼きでしめにおじやか雑炊で汁を残さず食べる工夫が必要です。

 

豚肉や納豆、いわし、卵などのビタミンB群と一緒に春菊を食べると美肌効果がありますよ。

 

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意