ネギは自然の風邪薬???

長ネギの写真

 

ネギの注目成分:硫化アリル、カルシウム

 

11月~2月の冬の時期に旬をむかえるネギ。主に東日本で作られている

根深ネギ、西日本で多く栽培されている葉ネギとあります。最近ではその地方

特有の品種などにも人気が集まるようになり、中でも下仁田ネギや九条ネギは

その代表格とも言えるネギではないのでしょうか。古くから自然の風邪薬として

親しまれてきたネギにはいったいどのような力があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ネギは何と言っても硫化アリル!

ネギ類に共通して含まれているこの硫化リアルの一部であるアリシンは、ウイルスから体を

守ったり、ビタミンB1と一緒に摂取することで血行促進や疲労回復効果など様々な働き

があります。また、アリシンには血栓予防や脳卒中、心筋梗塞予防の効果もあります。

 

硫化アリルは加熱することで甘み成分へと変化します。アリシンは揮発性なので、長時間

水にさらしたり、加熱をすることで効果が落ちますので、鍋の味噌汁の具として使う場合は

食べる直前に入れるのが良いでしょう。

 

ネギの白い部分と緑の部分では持っている栄養素が違う!

実は、ネギの緑の部分にはβ-カロテンやビタミンC、カルシウムが多く含まれています。

家庭菜園で緑の部分を切ると透明のぬめりが出てくるのをご存知の方もいらっしゃると

思いますが、これには食物繊維も含まれている為、便秘の改善にも効果があるそうです。

 

ネギの白い部分には発汗作用や解熱、鎮痛の作用があるので、風邪をひいたらネギの

白い部分を積極的に食べるようにした方がいいでしょう。

我が家の定番、簡単おすすめ料理

そんなたいそうな料理ではありませんが、私は大の味噌汁好きでご飯を食べる時には、

味噌汁が無くては食べれないくらい大好きです。味噌汁をあまり食べない私の妻とは

対照的なのですが、私の為に必ず味噌汁を作って出してくれます。

 

ただ、この味噌汁が食卓に出てくるときは「作るのが面倒くさいんだな?」と分かる味噌汁

です。それは、ネギを細かく刻んで味噌汁の具とし溶き卵を落して終わりという本当に

簡単なものです。時には、溶き卵なしの細かく刻んだネギが大量に入っただけの味噌汁

なんて日もありますが、フリーズドライのネギと違って生のネギを細かく刻んで入れただけ

の味噌汁でも美味しいんですよ。

 

飲み過ぎた次の日、「ごはん食べたくないな」なんて時もこの味噌汁をリクエストして飲んで

仕事に行く日もあるくらいなので、是非一度試してみてください。

 

花粉症にもネギが効く?!

これから、いや、もう始まっている花粉症の季節。私は花粉症ではないのでその苦しみは

分かりませんが、ネギ味噌湯が花粉症に効果があるそうです。

 

細かく刻んだネギに生姜を少しすりおろし、砂糖を少量、そして味噌を入れて熱湯をそそいで

かき混ぜればできあがり!ネギのアリシンと味噌に含まれる乳酸菌の力で免疫力がアップして

花粉症に効くみたいです。私の知人はこれで症状が少し楽になったそうです。

 

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意