[記事公開日]2016/02/07

さつまいものカロリーは以外と低く、美容に効果大

スポンサーリンク

さつまいもの写真

 

さつまいもの注目成分:ビタミンC,ビタミンE、食物繊維

 

昔と違って、今では色々な品種のさつまいもの苗を手にする事が出来るようになり

逆にどの品種を栽培していいか迷ってしまいますが、私が家庭菜園で作るさつま

いもは安納いもと決めています。さつまいもはカロリーが高いと思われがちです

が、同じ分量(重さ)の白米と比べてカロリーも低く、ビタミンCや食物繊維も

豊富なので美容に効果大の野菜です。

さつまいもを収穫した日に食べても美味しくない???

私はさつまいもを収穫する日は畑に行ったら、一番最初に収穫をして数時間畑にさつまいも

を転がして乾燥させます。そして家に帰り一つ一つ新聞紙で包んで段ボールに入れて玄関

かもしくはベランダ脇の風通しの良い場所に1ヶ月~2ヶ月間置いておきます。たまに段ボール

を開けて中が湿っていないかの確認だけして、湿っていれば芋を確認して大丈夫なようであれば

新しい新聞紙に包み直して再度保存しておきます。

 

さつまいもは長期間保存する事により、でんぷんが糖に変わり甘く美味しくなるので、最低でも

収穫後1ヶ月間は保存します。

 

2015年は定植後、大雨で畑が沼のようになってしまい収量がおちたり、ハクビシン対策で

ネットをしたらナカジロシタバの幼虫被害にあってしまったりと散々でしたが、何とか家族皆が

好きな焼き芋を食べる事が出来ました。→ 2015年さつまいも栽培

 

石焼いも

安納いもの焼き芋

 

スポンサーリンク

 

さつまいものビタミンCは効率よく摂れる!?

さつまいもに含まれるビタミンCはじゃがいものビタミンCと同じで、加熱調理時にはでんぷんが

糊化してビタミンCを包み込む為に損失が少ないのですが、さつまいもは灰汁(アク)が強く皮ごと

使う場合には水にさらして灰汁抜きします。

 

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、長時間さつまいもを水につけておくとビタミンCが水に流出

してしまいますので、さつまいもを灰汁抜きする場合には3分程度、水に浸けるようにしましょう。

皮をむいて料理に使う場合には、少し厚めにむくようにしましょう。

 

便秘解消、ダブルの強い味方!

さつまいもは食物繊維が豊富なので便秘改善はもちろんの事、大腸がんや動脈硬化、糖尿病の

予防効果が期待できますが、さつまいもを切った時に切り口からにじみでる白い「ヤラピン」という

液はさつまいも特有のもので、便を柔らかくしたり、腸のぜん動運動を促す作用があるので食物

繊維とダブルで便秘解消に期待が出来ます。

 

ただし、皮をむきすぎると効果がなくなるので注意が必要です。

 

また、さつまいもを蒸して天日乾燥させた干しいもは食物繊維が約2.5倍になりますし、その他

カルシウムや鉄なのど栄養素も増しますので、おやつなどには丁度いいかも?

 

美味しい焼き芋を作る!

私の家族は皆、焼き芋が大好きなので「どうしても美味しい焼き芋が食べたい!」欲求に駆られ

石焼き芋を作るホーロー鍋を買ってしまいました。→ 家庭菜園おすすめ

 

さつまいもに含まれるでんぷん分解酵素アミラーゼはゆっくり加熱をする事で甘みが増してくる

ので、石焼き芋のように時間をかけてゆっくりさつまいもを加熱する事で甘くなるのです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ