[記事公開日]2015/10/23

家庭菜園で耕運機は必要か?

スポンサーリンク

家庭菜園における耕運機

家庭菜園で耕運機は必要か?と聞かれれば、私は必要と答えます。広さにもよりますが・・・

どうして耕運機が必要と答えるかというと、万能や鍬などで畑を耕した場合と耕運機で畑を

耕した場合では土の状態が全然違うからです。

 

耕運機

現在、私が使っている耕運機(7年目突入)

 

上の写真が現在私が使っている耕運機ですが、ヤフオクで破格の金額で落札しました。6.5馬力

なのでパワーもあり重宝しています。もしもこの耕運機が壊れて使えなくなってしまったらと思うと

ゾッとしますが、壊れた時は自分で修理して使うのでその心配は今のところありません。エンジンの

焼きつき以外であれば自分で何とでも出来るので使い倒すつもりでいます。この耕運機ではありま

せんが、スターターのヒモが切れたり、燃料ホースが裂けたり、プラグの線が切れたり、クラッチ

ワイヤーの断線など数えたらきりがない位に自分で修理をしてきました。耕運機の構造はとても

簡単なので、簡単な部品の交換であれば、ホームセンターなどにも部品が置いてありますので、

ご自分で交換することをお勧めします。

自分の家庭菜園にあった耕運機を使いましょう。

私の場合、120坪の畑を耕すのに、ガスボンベ式や充電式の耕運機では時間がいくらあっても

足りませんし、力のないガスボンベ式や充電式ではきっちりと畑を耕す事すら出来ないでしょう。

私の畑には現状のエンジン式の6.5馬力のエンジンを搭載した耕運機が必須ですしそれ以外

は考えられません。実はもう一台耕運機があるのですが、それはタイヤ付のリアロータリー式の

耕運機なのですが、3馬力なのと畑の面積が広いために少し力不足なので、今現在は使って

いません。そのうちメンテナンスをきっちりするつもりでいます。畑仲間が使いたいそうなので

メンテナンスをした後は使ってもらうつもりでいます。

耕運機を選ぶ基準とは

スポンサーリンク

まずは畑の広さを把握する事です

30坪程度の畑であればガスボンベ式でも大丈夫だと思いますが、基本的に私が推奨するのは

エンジンタイプのものです。知人でガスボンベタイプの耕運機を購入した方がいますが、最近畑の

話をする機会があったので耕運機のことを伺ってみたところ、あまり満足されてないようでした。

その方は30坪の畑をやっていますが、自分が納得のいくように畑を耕そうとすると燃料のガスが

直ぐになくなってしまうとの事でした。まあ、頻繁に耕す訳でもないので使いやすいとは言って

いましたが、話を聞く限りではあまり満足されていないようでしたね。その方は畑に小屋が無いので

どうしても持ち運びを優先した結果、その機種になったようです。

収納小屋の準備と盗難防止策

ある程度、畑に広さがあれば地主の方と交渉して小屋などを置かせていただけるかも知れませんが、

「鍬等の置き場も確保できないのに耕運機の置き場所なんて無理!」そんな声も聞こえて来そうです。

実際に私の自宅の近所(本当に徒歩30秒位)に畑を借りて家庭菜園をされている方々は自転車で

畑に鍬やシャベル、水タンクなどを持ってきて、作業が終わるとまた自宅に持って帰っています。

毎回見ていて思うことですが、暑い日も寒い日も本当に大変そうです。

いかに私が恵まれているかを感じます。いくら自分で交渉したとはいえ小屋(2つ)水タンクや

支柱の置き場などなど数えたらきりがありません。本当であれば、畑の面積でなくても土が細かくなり

深くまで耕すことの出来る耕運機は必要だと私は思いますが、諸事情により耕運機を所有する事が

出来ない方は、耕運機を所有されている知人などに1年に数回程度お願いするのもいいかもしれません。

実は私もそうでした

私が家庭菜園を始めたときは耕運機は持っていませんでした。ただ、私を家庭菜園に誘ってくれた

先輩が所持していたので、先輩にお願いをして耕運機を借りていました。気さくな先輩でしたので

頼みやすかったのですが、そんな家庭菜園仲間がいるといいのですが・・・

今は自分で耕運機を購入して使っているのですが、私のお隣さんは今現在耕運機を持っていない

ので、率先して畑を耕すお手伝いをしていますよ。

耕運機があれば次は収納場所です

 

小屋2

耕運機の収納場所

 

私はこの小屋に耕運機を収納しています。隣は地主さんの家ですし、周りが皆さん畑仲間の

お知り合いで毎日の畑の見回りチェック付ですので、防犯はこの上なく完璧です。

もしも、お借りしている畑の敷地に余裕があるようであれば、地主さんと交渉して、上のような

物を置かせてもらえるといいですね。私は耕運機の他に防虫ネット、ぼかし肥、短い支柱、

有機化成肥料や石灰など様々なものをこの小屋に入れています。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ