[記事公開日]2016/03/21

ごまの栄養をまんべんなく摂るにはすりごまで!

スポンサーリンク

金胡麻

 

ごまの注目成分:たんぱく質、カルシウム、鉄、銅、食物繊維

 

古くから世界各国で栽培されてきた胡麻、あのクレオパトラの美貌にも一役

かっていたと言われている胡麻です。黒、白、金(黄)と種類がありますが、

成分的にはほとんど変わりが無いそうです。私は胡麻の栽培を1度だけした

事がありますが、それ以来栽培はしていません。栽培自体は難しくはありま

せんが、収穫後の手間がとても大変です。

 

上記写真は我が家で2Lのペットボトルに保存してある胡麻ですが、この胡麻

は知り合いに毎年頂いています。使う分、取り出してから炒ってすり鉢で胡麻

をすって胡麻和えや練り胡麻など色々な料理に使っています。

 

食べる直前にする事で人間の体内で生成する事の出来ない、悪玉コレステ

ロールを減らし動脈硬化を防ぐ、リノール酸の酸化を防ぐことが出来ます。

ごまを食べてストレス知らず!

胡麻には骨や歯を作ったり強くしたり、神経や筋肉の機能を調整するカルシウムが豊富に

含まれていますので、ストレスによるイライラや骨粗しょう症予防に役立ちます。

 

今話題のセサミンとは?

ポリフェノールの一種でゴマに含まれているセサミンには強い抗酸化作用があり、悪玉コレ

ステロールの酸化を防止したり、肝機能を強化したり、癌や老化防止に有効とされています。

 

スポンサーリンク

 

狭心症や心筋梗塞の予防にも!

胡麻の脂肪にはリノール酸などの不飽和脂肪酸を含み、動脈硬化や高血圧予防に効果が

あり、血行を良くする働きがあります。

 

動脈硬化予防にも胡麻が最適!

胡麻に含まれているリノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸は血管壁にコレステロール

が付着するのを防ぐ働きがあります。不飽和脂肪酸は酸化しやすいという欠点がありますが、

胡麻に含まれているポリフェノールの一種、ゴマリグナンのセサモールは不飽和脂肪酸が

酸化されるのを防ぐ働きがあります。

 

乾燥肌にも胡麻が効く!

人間の皮膚の外側にある角質層の細胞は4~6週間で新しい細胞に生まれ変わり、古い細胞

はアカとしてはがれ落ちます。この事象をターンオーバーと言いますが、このターンオーバー

が上手く行われず肌トラブルに発展してしまいます。

 

正常なターンオーバーが行われる為にはビタミンAを摂る事は非常に重要で、肌の潤いを保つ

「セラミド」は黒胡麻に豊富に含まれています。ほうれん草にも豊富な「セラミド」を含むので、

ほうれん草の胡麻和えは理想的な食べ物です。

 

胡麻の理想的な食べ方とは?

胡麻は固い外皮のままでは栄養を効率的に吸収する事が出来ないので、食べる直前にする

事で栄養を効率的に摂る事が出来ます。胡麻は1日に大さじ1~2杯を目安に食べるのが

理想とされています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ